フロモックスがAmazon(アマゾン)や楽天のような通販サイトで買えたらいいな!と思っている方は多いと思いますが、残念ながらフロモックスはAmazon(アマゾン)や楽天のような通販サイトでは購入することはできません。

でも、フロモックスは海外の個人輸入代行サイトから通販で買うことができます。

購入できるのはファミリーファーマシーグローバルや空詩堂という日本の医薬品を取り扱っている通販サイトです。

>>フロモックスの通販サイトはこちら

フロモックスの体験談~フロモックスは歯医者でも処方される

わたしは大阪府在住のみほりんといいます。

わたしがフロモックスを処方されましたのは、歯医者でした。

歯が痛いです、と久しぶりに歯科を訪れたのです、どの歯が痛い、というよりも、歯全体が傷むのです。

しみますし、歯茎の分部も痛いです。

もう全く困った状態でした。

歯科のドクターにそのように相談しますと、「お鼻悪くないですか?」と聞かれました。

そういえば、先週ものすごい鼻風邪をひきました。

恐ろしいくらい鼻水が流れるのですが、まあいいや、と自然治癒するよう気長に考えておりますと、壮絶な鼻水は、ニ三日で収まりました。

しかし、歯科のドクターは、ひどい鼻炎の時に、炎症が広がってお口の中にまで痛みが出る場合がある、と言うのです。

「すみません、耳鼻科か内科を受診する方が良かったですね。」と私も笑ってしまいました。

すると、ドクターは、「何件も行かれるのは面倒でしょう。取りあえずレントゲンだけとってみましょう。」ということでレントゲンを撮りますと、やはり鼻の分部に炎症が起きている映像が撮れました。

「お薬出しておきますね。」、というドクターに「薬はあまり飲みたくないのですが。」と言いますと、フロモックスの処方に決まりました。
一週間分処方されました。
フロモックスは、妊婦さんなどにも比較的害がないようで、幅広く使われていると言うのです。

ドクターは、「抗生物質を一週間ほど飲まれましたら治ってきまよ。」と軽く言われました。

費用は三千円でした。

内科よりも高かったな、失敗だったわ、と思いましたが、虫歯をついでに一本見つけて治してもらいましたので、ラッキーだったかもしれません。

フロモックスは鼻炎に的中する薬ではありませんが、幅広く処方されるものだな、と実感しました。

本来ならば、メイアクトやクラリスの方が的確な投薬だと思うのです。

きっと、「薬はあまり飲みたくない。」という一言からフロモックスが選ばれたのでしょう。